見つめ合う2人の脳はシンクロしている_GIGAZINEより

「共感」も「感動」も「愛」も、この「脳のシンクロ」なんですよね。
アラン・ケイが「IT25・50」シンポジウム基調講演で語った「コミュニケーション・アンプリファイア・システム(CAS)理論」(http://it2550.net/news/190214_alankay_keynote_j2/ )のひとつの証左です。
 
■見つめ合う2人の脳はシンクロしていることが最新の脳神経科学により明らかに
 
>「対話脳神経科学(interactive neuroscience)」と名付けられたこの新しい分野について、科学系メディアScientific Americanがまとめ
>最も古い研究はアメリカのリード・モンタギュー博士が行った2002年の実験
>2人の被験者の脳を個別のMRIでスキャンしつつ、被験者らに会話してもらうというシンプルなもの
「ハイパースキャン」と名付けられたこの手法は、コミュニケーション中の2人の脳を観測することができるということの実証実験として当時注目を集め
>以降も「脳波計(EEG)」「脳磁図(MEG)」「NIRS脳計測装置」といった脳科学に関するさまざまな技術の発展とともに洗練
>同じことをしていても、1人の場合と複数人の場合とでは脳のはたらきが違うことを突き止めたのは、メリーランド大学で心理学を研究するエリザベス・レドケイ博士
ビデオチャットを介して誰かと会話している人の脳を観察
>コミュニケーション中の脳では報酬系や社会性に関連する部位が活性化
>自分が注目している物事を他人と一緒に見る「共同注意」の状態にある児童の脳は、1人でものを見るときと比べて、自他の区別をつかさどる「側頭頭頂接合部」という領域の活動が有意に異なる
>「視線」にも注目して研究を進めているのが、マックス・プランク精神医学研究所に勤める社会神経科学者であるレオンハルト・シルバッハ博士
>人を見つめたりその人から見つめ返されるというごく単純な動作でさえ、脳の報酬系と腹側線条体を刺激する
>脳が人の動作を認識する領域と、その行動から相手の心を理解する領域は、これまで想像されてきたよりもはるかに密接な関係にある
>日本の生理学研究所の定藤規弘教授らの研究
>複数人の脳を同時に測定可能なMRI装置(fMRI)を用いて見つめ合う2人の脳の活動を観測。その結果、その結果、アイコンタクトしている人同士は似たような脳の活動を示す
>アイコンタクトすることでお互いの脳が同期する
>会話することでも人の脳は同期する
プリンストン大学神経科学者ウリ・ハッソン博士
>2人の被験者のうち、最初の1人に物語を読み上げてもらい、これを録音したものをもう1人の被験者に聞かせ、2人の脳の活動を調べた結果、聞き手の脳は物語を聞いているうちに、読み手の脳と同じ活動を示すようになった
>脳の活動が似ていれば似ているほど、聞き手による物語の理解度も高い傾向にある
>個人の脳は、接している別人の脳によって突き動かされている
ニューヨーク大学のデビッド・ペッペル教授らの研究グループが学生らを対象に実験
>授業中の教師や生徒の脳が同期していることを突き止めた
>生徒の脳波が教師の脳波と似ていれば似ているほど授業の理解度が高い
>コミュニケーションをとる二者間だけではなく、より多くの集団においても、脳は同期していることが示唆
>対話脳神経科学が発展することで、ある精神病患者に対してどのセラピストが向いているかを予測することができるようになる

3/17(日)川越「田んぼIoTセミナー&デジコンサロン・スペシャル」開催

3/17(日)13:00から川越で「田んぼIoTセミナー&デジコンサロン・スペシャル」が開催されます。
定員は50名で、あと10名分ほど余裕があるとのことですので、ご関心のある方はお早めにお申し込みください。

テーマは、最先端「田んぼIoT」です。
かわごえ里山イニシアチブが、元『日経MAC』編集長の林伸夫氏と東洋大学総合情報学部小瀬研究室と協働し3年前から開発してきたIoT技術を駆使して稲やマコモダケの成長を見守る「田んぼカメラ」システム。 特徴は、超省エネ(太陽光発電で十分)、超省コスト(運用費500円/月)であること。電源もネットワークもない田んぼでどうやって実現したのか? 開発者の林伸夫氏が体験談を語ります。
続いて、福田の田んぼ近隣に電子工房を立ち上げ、福島原発の除染で使われているロボットを開発している元パイオニア(株)電気系・エンジニアの猪鼻 治行氏に「里山のロボット~ROBOT1号機から4号機への道のり~」と題してお話をしてもらいます。

■田んぼIoTセミナー&デジコンサロン・スペシャ
(お申し込みはこちらよりしてください↓)
https://www.facebook.com/events/2130026443722320/

f:id:ToshihiroTakagi:20190315145016j:plain

 

2月22日(金)アラン・ケイに学ぶ「未来予測と事業創造2020-2050」SSKセミナー開催

2月22日(金)SSKセミナー「未来予測と事業創造2020-2050~アラン・ケイ「未来ビジョン」から混迷するIT革命の現状とビジネスチャンスを読み解く~」( http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_19079.html )まであと10日となりました。「未来を予測する一番いい方法は、自らそれを創ることだ」。言うまでもなく「パーソナルコンピュータの父」アラン・ケイの有名な言葉です。実際、アラン・ケイは自らの予測に基づいて未来を創造しました。アップル、マイクロソフト、アマゾン、グーグル、フェイスブックはもちろん、あらゆるIT企業は、彼の壮大な未来ビジョンダイナブック構想」なしには、今日の成功を収めることはできませんでした。私たちは今、IT革命の激動に翻弄され、未来を予測できずにいます。それは何故なのか?どうすればいいのか?その答えを解く鍵は、彼の「コンピュータはコミュニケーション・アンプリファイア(増幅装置)である」という言葉の中にあります。コミュニケーション・アンプリファイアを設計できるかどうか。それが、これからの企業の生死はもちろん、グローバル・エコノミーの成否、そして、自分自身の人生の幸不幸の分かれ目であるという認識。それが重要なのです。今回のセミナーでは、アラン・ケイの卓越した未来ビジョンに基づいて、混迷するIT革命の現状を徹底的に解明し、「どうすれば未来を予測し、自らそれを創ることができるのか?」についてお話をします。
1.2018年12月 アラン・ケイ基調講演「IT25・50」シンポジウムを実施 
2.IT革命50年史からの未来ビジョン ~コンピューター・パワー・トゥ・ザ・ピープル 
3.アラン・ケイは「IT25・50」シンポジウムの基調講演で何を話したか? 
4.未来予測の鍵「コミュニケーション・アンプリファイア(増幅装置)」
5.人類史とはコミュニケーション増幅装置の進化史である 
6.人工知能/IoT/ブロックチェーン/共感経済・・・最先端キーワードの意味 
7.人類の知性を高めるにはどうすればいいか? 
8.マネー主体社会からコミュニケーション主体社会への大転換
■未来予測と事業創造2020-2050
アラン・ケイ「未来ビジョン」から混迷するIT革命の現状とビジネスチャンスを読み解く~

f:id:ToshihiroTakagi:20190212104155j:plain

スティーブ・ジョブズが「スゴい!」と唸った“パーソナルコンピュータの父”とは?

2018年12月10日、「IT25・50」シンポジウム当日の早朝、東京FM「中西哲生のクロノス」に出演。シンポジウム日本全国同時開催の意義についてお話してきました。正直、どれくらいの人が聴いてくれているのだろうと思っていましたが、結構、色々な人から「聴きました」というメッセージをいただいてびっくりしました。
FM東京中西哲生のクロノス」
https://www.jfn.co.jp/ch/

f:id:ToshihiroTakagi:20190116001044j:plain

018年12月10日、「IT25・50」シンポジウム当日の早朝、東京FM「中西哲生のクロノス」に出演した際のレポートが、東京FMのサイトにアップされていますね。

スティーブ・ジョブズが「スゴい!」と唸った“パーソナルコンピュータの父”とは?

中西哲生がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「クロノス」。12月10日(月)放送の「追跡」のコーナーでは、株式会社クリエイシオン代表取締役の高木利弘さんに、ITの歴史と今について伺いました。
>高木さんは「若者は(彼のことを)知らないし、過去に興味がない人が多い」と言います。ITの進化によりさまざまなことが便利になっていくなか、「みんなの頭のなかは古いまま。そこも切り替えなくてはいけない」と話していました。

故・浜野保樹さんにアラン・ケイ基調講演「IT25・50」シンポジウム成功の報告をしてきました

1/12(土)雪が降りそうな曇天の中、故・浜野保樹さんのお墓参りをしてきました。浜野さんが亡くなってから、はや5年。墓碑銘は、アラン・ケイの「The best way to predict the future is to invent it.」。浜野さんの遺志を継いで、ダグ・エンゲルバートThe Demo 50周年/IT革命50周年にアラン・ケイ基調講演「IT25・50」シンポジウムを滞りなく実現できたことを報告してきました。そして、年が明け、ますます混迷を深める世界情勢/IT情勢の中、基調講演でアラン・ケイが示唆した、我々人類が進むべき方向に向かって邁進することを誓いました。

f:id:ToshihiroTakagi:20190113174556j:plain

 

2/22(金)「アラン・ケイ「未来ビジョン」から混迷するIT革命の現状とビジネスチャンスを読み解く」講演をします

2月22日(金)14:00〜17:00 SSKセミナーで「未来予測と事業創造2020-2050~アラン・ケイ「未来ビジョン」から混迷するIT革命の現状とビジネスチャンスを読み解く~」という表題で「IT25・50」シンポジウム アラン・ケイ基調講演について解説します。対象は、ビジネスパーソンです。混迷する世界情勢をどう読み解き、どう先進的なビジネス構築をすればいいか、提言します。
 
「未来を予測する一番いい方法は、自らそれを創ることだ」というのは、「パーソナルコンピュータの父」アラン・ケイの有名な言葉です。そして実際、彼は自らの予測に基づいて未来を創造しました。アップル、マイクロソフトはもちろん、どのIT企業も、彼の「ダイナブック構想」の未来ビジョンなしには、今日の成功を収めることはできなかったのです。私たちは今、IT革命の激動に翻弄され、未来を予測することができずにいます。それは何故なのか?どうすればいいのか?その答えを解く鍵は、彼の「コミュニケーション・アンプリファイア(増幅装置)」という言葉にあります。今回のセミナーでは、アラン・ケイの卓越した未来ビジョンに基づいて、混迷するIT革命の現状を徹底的に解明し、「どうすれば未来を予測し、自らそれを創ることができるのか?」についてお話をします。
 
■未来予測と事業創造2020-2050
アラン・ケイ「未来ビジョン」から混迷するIT革命の現状とビジネスチャンスを読み解く~

「IT25・50」シンポジウム「アラン・ケイ基調講演(全文・日本語訳)」を公開しました

2018年12月10日(日本時間)、アラン・ケイ基調講演インターネット商用化25周年&ダグラス・エンゲルバートThe DEMO 50周年「IT25・50」シンポジウムを大成功のうちに終了することができました。
アラン・ケイ基調講演の全文・日本語訳を以下に公開しました。
ぜひ、その素晴らしいビジョンとメッセージに触れて、自身の問題として、来年以降どう行動していったらいいか考えてみてください。
【要約】
 50年前、1968年はパーソナルコンピュータの誕生にとって記憶すべき年であった。そのうちのひとつがダグ・エンゲルバートのビッグ・デモであり、そこで世界で初めてマウスが披露された。私がパーソナルコンピュータの理想型であるタブレット型の「ダイナブック」の最初のアイデアを発表したのも1968年であった。子どもたちが持ち運んで学習に使える本のようなもので、大人になってからも学習に使えるものを考えていた。
 ダグは、1962年に「人間の知性を増強するための概念的枠組み」という144ページの論文を書いている。私の今回の講演の目的は、皆さんにぜひこれを読んでいただきたいということである。
 ダグは1940年代、海軍のレーダー技術者であり、レーダーの中で探査信号だけでなく文字など様々な情報を見ることができることを知っていた。また、このころヴァネヴァー・ブッシュの「MEMEX(記憶拡張装置)」についての論文を読み、そのアイデアが彼の想像力を刺激した。1950年代、ダグはバークレーの大学院に行き、ゼロからコンピュータを開発するプロジェクトに加わった。当時は冷戦時代で、コンピュータを使って問題解決ができないかと考えた。
 アインシュタインは、「問題を引き起こしたときと同じレベルで考えていても、その問題を解決することはできない」と言ったが、この言葉は今日さらに重要性を増してきている。政治家は、自分たちは何もかも理解してやっていると思っているが、それが間違った考えであるということに気づいていない。
 ダグはシステムに関心があり、多くの人たちが、彼の本当の意図を理解できないでいるのは、彼がシステムの言葉で考え、システムの言葉でそれを人々に説明しようとしていたからである。
 彼はまた、言語と思考の関係、私たちが言語を使ってどう物事を考えるのかということに関心があった。たとえば、英語で「Rock(岩)」というと、一般的には、境界線の中が岩であり、境界線の外はそれ以外のものと考えるが、最近では完全な境界線はなく、いろいろな形で外のものと関係しているということが分かってきている。ひとつの「何か」と考えられているものは、実はダナミックなシステムの一部である。静止しているのではなく、中にある原子は常に動き続け、外部の世界と常に共振している。
 ダグは、どうすれば我々は議論をする能力を改善して、もっと建設的な議論をすることができるようになるのかという問いをしている。議論の問題点は、それがストーリーのようなものだというところある。人間はストーリーを、それが真実かどうかではなく、好きか嫌いかで判断する。政治家は、気に入らない結論は無視をする。たとえば、地球が今、非常に危険な状態になっている。それをなんとかしなければ我々自身が絶滅するかもしれないということを、最近はシミュレーションを用いて議論をするようになってきたが、一般の人向けには、このように新しい言語、新しい道具で主張していかなければならない。
 子どもは無の状態で生まれるのではなく、ある文化の中で生まれる。ひとつの文化の中で育ち、その文化が我々の現実に対する見方となる。そこにある目に見えないものを見えるようにするには、私たちがシステムの中にいるという見方をする必要がある。
 子どもは宇宙の中で生まれ、地球という惑星の中で生まれる。そして、自分が所属する社会システムの中だけでなく数多くの社会システムの中で生まれ、身の回りのテクノロジーだけでなくインターネットなど目に見えない沢山のテクノロジー・システムの中で生まれる。そして、人体自体がシステムであり、頭脳は宇宙の中で最も複雑なシステムである。
 私たちは、原始人に核兵器を与えたいとは思わない。コンピュータは核兵器よりもっと強力な武器である。ここ40年、コンピュータが商用化されてから、人類とこのテクノロジーの間で非常に危険なフィードバックのループが起きている。ダグはその危険性に気づいていた。人類の知性を向上させなければ、大変なことになってしまう。教育とトレーニングが重要なのである。本来であれば、スマートフォンやパソコンは気軽に使わせてはいけないものだったのである。その影響力は計り知れない。この道具には危ない性質があるので、それを避けるためには新しい教育、新しい方法論、新しい言語が必要である。システムを構成する5つの要素(人類・道具・教育・方法論・言語)。それらがうまく機能すれば、人間の知性を向上させることができ、私たちはテクノロジーの死のスパイラルから解放される。
 私たちは増幅器を設計する必要がある。コンピュータはこれまで発明された中でも最も優れた増幅器のひとつである。
 これからの子どもに理解してもらう必要があるのは、私たちがシステムの中で生きているということ、そして、私たち自身がシステムであるということである。
 
「人間の知性を増強するための概念的枠組み(AUGMENTING HUMAN INTELECT : A CONCEPTUAL FRAMEWORK)」はこちらにあります。
 
 

f:id:ToshihiroTakagi:20181229175252j:plain