明日4/25(日) 「グローバル・デジコンサロン 010 Croquet & AR 〜 ライブ・コラボレーション時代のARコンテンツ開発」開催

いよいよ明日、日本時間で2021年4月25日(日)10:00〜12:00、米国西海岸時間で2021年4月24日(土)18:00〜20:00から第10回めとなる 「グローバル・デジコンサロン 010 Croquet & AR 〜 ライブ・コラボレーション時代のARコンテンツ開発」を開催します。
お申し込みは、こちらから(参加無料です)↓
https://global-digicon-salon-010.peatix.com/
Croquet(クロケー)は、「パーソナルコンピュータの父」Alan Kayや、SmallTalk開発者Dan Ingallsも関わる、5G以降の次世代インターネット・インフラ・アーキテクチャで、将来的には遠隔医療、たとえばロボット支援手術da Vinciを使った遠隔手術すら可能にする先進テクノロジーです。先々月(2021年2月)に開催した「Global Digicon Salon 008 Croquet〜5G・ARライブ・コラボレーションの新世界」では、参加者が実際に日本で初めて「オンライン上でコラボレーションできる空間」を体験しました。YouTubeで公開中の当日の記録映像( https://youtu.be/gMZX4JnRaRk )も大変大きな反響を呼んでいます。
今回は、このCroquet環境の中で最もわかりやすく、かつ、本格的に「世界を変える」テクノロジーであるAR(拡張現実)について、現状はどうなっているのか、コンテンツ開発はどうすればいいか、どのようなデバイスでどう体験するようになるのか、といったことについてディスカッションします。

f:id:ToshihiroTakagi:20210424115019j:plain

 

4/25(日)「Croquet & AR 〜 ライブ・コラボレーション時代のARコンテンツ開発」開催

Croquetは、「パーソナルコンピュータの父」Alan Kayや、SmallTalk開発者Dan Ingallsも関わる、5G以降の次世代インターネットのインフラ・アーキテクチャで、ロボット支援手術da Vinciを使った遠隔手術すら可能にする先進テクノロジーです。
===============================================
日本時間で2021年4月25日(日)10:00〜12:00、米国西海岸時間で2021年4月24日(土)18:00〜20:00、第10回めとなる 「グローバル・デジコンサロン 010」を開催します。
お申し込みは、こちらから(参加費無料です)↓
テーマは「Croquet & AR 〜 ライブ・コラボレーション時代のARコンテンツ開発」です。Croquet(クロケー)は、 米国Croquet Corporationが開発した、次世代5Gインターネットで本命と目されている、従来にない全く新しいライブ・コラボレーション環境です。先々月(2021年2月)に開催した「Global Digicon Salon 008 Croquet〜5G・ARライブ・コラボレーションの新世界」では、参加者が実際に日本で初めて「オンライン上でコラボレーションできる空間」を体験しました。YouTubeで公開中の当日の記録映像( https://youtu.be/gMZX4JnRaRk  )も大変大きな反響を呼んでいます。
今回は、このCroquet環境の中で最もわかりやすく、かつ、本格的に「世界を変える」テクノロジーであるAR(拡張現実)について、現状はどうなっているのか、コンテンツ開発はどうすればいいか、どのようなデバイスでどう体験するようになるのか、といったことについてディスカッションします。基調講演をしていただくのは、MOSA(Multi-OS Software Artists)代表のいけだじゅんじさんです。続いて、いけださんとともにARなどを活用した「支笏湖デザインプロジェクト」を手がけている千歳科学技術大学教授の曽我聡起さん、そして、AppleからApple Distinguished Educatorとして選定され、国内外の教育者と連携して日本の学校教育の変革に取り組む佐賀龍谷学園龍谷中学校教諭の中村純一さんに、教育現場における「ARとCroquet」の現在と将来展望についてお話していただきます。そして、テクノロジーライターの大谷和利さんに「Appleの未来戦略」という観点からお話していただき、最後にCroquet Corporation共同設立者の大島芳樹さんに「Croquetの現在と未来」という観点からお話ししていただいた上で、皆さんでパネルディスカッションを行います。
今回もまた、参加者全員でCroquetのライブ・コラボレーションを実際に体験していただきますが、さらに実際にARを体験していただくために、スマートフォンタブレットiPhoneAndroidスマホiPad)をお手元にご用意してご参加いただくことをお奨めします。

f:id:ToshihiroTakagi:20210414171242j:plain

「やくならマグカップも」明日4/5(月)22:30、TOKYO MX(関東地区)での放送開始!!

TVアニメ&実写番組「やくならマグカップも」、いよいよ明日4/5(月)22:30〜23:00、TOKYO MX(関東地区)での放送が始まります。ストーリーは、脱サラした父とともに、亡き母の故郷、岐阜県多治見市に引っ越してきた主人公、豊川姫乃をはじめとする4人の女子高生が陶芸の魅力に惹きこまれていくというもの。
多治見市を含む東濃地方は美濃焼の一大産地で、陶磁器生産量では日本一。最も有名なのは、織田信長豊臣秀吉徳川家康という三天下人に愛された古田織部の「織部好み」です。
実はこれ、多治見市発祥のIT企業、株式会社プラネットが10年ほど前からフリーペーパーにコツコツと掲載を続けてきたコミックが、日本アニメーションによってアニメ化され、日本全国放送が開始され、同時に全世界配信もして、多治見市の地域活性化につなげていこう、同市をセラミックバレーとして世界的にブランディングしていこうという壮大なプロジェクトの始まりです。
こうした背景に関心のある方は、ぜひ3/21(日)に開催した「Global Digicon Salon 009 物語パワーで地域活性化を〜岐阜県多治見市「やくならマグカップも」アニメの挑戦!」の記録映像をご覧ください。
■Global Digicon Salon 009 物語パワーで地域活性化を〜岐阜県多治見市「やくならマグカップも」アニメの挑戦!
https://youtu.be/v7WALvS3TOA
■「やくならマグカップも」公式HP
https://yakumo-project.com/
■「やくならマグカップも」TOKYO MX番組紹介
https://s.mxtv.jp/anime/yakumo/episode.html

f:id:ToshihiroTakagi:20210404195140j:plain

 

2021/3/21(日)「Global Digicon Salon 009 物語パワーで地域活性化を〜岐阜県多治見市「やくならマグカップも」アニメの挑戦!」を開催しました

2021/3/21(日)「Global Digicon Salon 009 物語パワーで地域活性化を〜岐阜県多治見市「やくならマグカップも」アニメの挑戦!」を開催しました。
4/2(金)深夜、CBCで放送開始されたのを皮切りに、BS11TOKYO MXMBSAT-Xを通じて順次全国で放送開始されるアニメ&実写番組「やくならマグカップも」は、物語パワーで総合的に地域活性化を図る日本初の試みです。これまでも、アニメの大ヒットに合わせて地域を活性化しようという動きはたくさんありましたが、いずれも偶発的、散発的なもので、本当の意味での地域活性化にまでつながったケースはありませんでした。これに対して、「やくならマグカップも」は、岐阜県多治見市において、最初に地域活性化をしたいという有志の集まりがあり、10年の歳月をかけて、周到な準備をした上で、日本全国で放送開始するととともに、全世界配信を通じて、伝統的な陶芸の町、多治見市をセラミックバレーとしてグローバルにブランディングしていこうという一大プロジェクトに発展したものなのです。日本が世界に誇るマンガ、アニメパワーをどう地域の活性化、日本の活性化につなげていったらいいか、関係者の皆さんが詳細に語っています。ご関心のある方は、ぜひこちらの記録映像をご覧ください。
■Global Digicon Salon 009 物語パワーで地域活性化を〜岐阜県多治見市「やくならマグカップも」アニメの挑戦!
そもそも「物語パワーとは何か?」この問題に対して最も優れた考え方を提示しているのは、世界的なベストセラー『サピエンス全史』の著者、ユヴァル・ノア・ハラリです。ハラリは、「サビエンス(人類)は、7万年前の認知革命によって、言語能力を獲得し、仮定の話、つまり、フィクション、ストーリーの力によって、何万人、何千万人、何億人でもコラボレーションできるように進化した猿である」「コロナ禍の中、各国政府は膨大なマネーを創り出し、ばら撒いている。今日、マネーはお札を刷る必要すらなく、コンピュータ上で数字を入力するだけで作り出せるものとなっている。このように、マネーもまたフィクション、ストーリーなのである」と喝破しました。
実は、脳科学的には、言語能力と道具を作る能力は密接に関連しており、どちらも「手順を組み立てる」能力なのです。そして、それは、コンピュータのアルゴリズムそのものなのです。したがって、「現実とフィクション」という表現は間違いであり、現実がバッド・フィックションであるならば、理想的なグッド・フィクションをイメージして、それを現実化していけばいいのです。そして、それこそが「物語パワー」と人々が呼んでいるものの正体なのであって、今や私たちは、そうやって理想的な「電子政府」を設計し、現実化することができるのです。
さて、「やくならマグカップも」の出発点には、ディズニーランドを舞浜に呼んだ伝説のプレゼンター、故堀貞一郎氏の存在がありました。講演では、まず小山敬治さんから、堀氏が創設した「ホリテーマサロン」の活動の紹介があり、続いて、その活動に参加した株式会社プラネット会長の小池和人さんが、堀氏を多治見市に招いて、作陶をテーマにした童話作品の創作を依頼したこと、そして、堀氏の孫の余暇通信社取締役の山岡禎幸さんが、その作品をベースに、女子高生を主役にしたたマンガ制作を提案し、約10年に及ぶ地道なマンガ作品の制作活動があり、その作品が、「ちびまるこちゃん」「はいからさんが通る」「みつばちマーヤの冒険」など数々のヒットアニメを制作してきた日本アニメーションによって本格的にアニメ化されるに至ったこと。そして、アニメ化にあたっては、多治見市が全面的に協力して、アニメツーリズムの準備が進んでいることなどが紹介されました。
もし、この「やくならマグカップも」によって岐阜県多治見市が地域活性化に大成功すれば、それは少子高齢化、過疎化に悩んでいる日本各地の地域活性化のモデルケースになるでしょう。
■「やくならマグカップも」公式サイト

f:id:ToshihiroTakagi:20210403083904j:plain

 

3/21(日)物語パワーで地域活性化を〜岐阜県多治見市「やくならマグカップも」アニメの挑戦!」開催

日本時間で2021年3月21日(日)10:00〜12:00、米国西海岸の夏時間で2021年3月20日(土)18:00〜20:00、第9回めとなる 「グローバル・デジコンサロン 009 物語パワーで地域活性化を〜岐阜県多治見市「やくならマグカップも」アニメの挑戦!」を開催します。お申し込みは、こちらから(参加費無料です)↓

来月(2021年4月)から全国TV放送が始まるアニメ&実写番組「やくならマグカップも」( https://yakumo-project.com/ )は、ちょっと変わった経緯で誕生しています。今から10年前、岐阜県多治見市で地元有志や企業が集まってスタートした「街を元気にしよう」というプロジェクト。その一環として、地元IT企業の株式会社プラネットが、2012年から自社のフリーペーパーに連載を開始した「女子高校生×陶芸」を題材にしたコミックが原作なのです。伝統工芸品「美濃焼」の産地のひとつとして知られる岐阜県南東部のまち・多治見市を舞台に、4人の女子高校生が陶芸の魅力に夢中になっていく青春ストーリー。このコミックに魅了されたファンのひとりが、「ちびまる子ちゃん」「フランダースの犬」「あらいぐまラスカル」「はいからさんが通る」など数々の名作・ヒット作で知られる日本アニメーションに入社し、企画提案をしたところ、「これはいい」ということになって、日本全国TV配信はもちろん、全世界に向けて配信し、多治見市の活性化、世界有数の「セラミックバレー」化を実現しようという一大プロジェクトに発展したのです。何故、そのようなスケールの大きなストーリーが誕生したのか? 実は、このプロジェクトには影の仕掛け人がいます。「東京ディズニーランド」を舞浜に誘致した、今は亡き伝説の名プロデューサー堀貞一郎(1929-2014)です。あのウォルト・ディズニー・カンパニーのそうそうたる役員たちに、あっという間に魔法をかけて、ファンタジーの世界に引きずり込んで、既に別の場所に決まっていた誘致先を舞浜に変えさせた。その堀貞一郎の「感動を呼ぶプレゼンテーション」「卓越したビジョン」がこのプロジェクトの底流に流れているのです。今回は、ホリテーマサロン テーマシティ研究会主宰者の小山敬治さん、堀貞一郎の孫で余暇通信社取締役の山岡禎幸さん、プラネット代表取締役会長の小池和人さん、日本アニメーションメディア部部長の井上孝史さんにお集まりいただき、「地域活性化の鍵となる“物語パワー”とは一体どのようなものなのか?」といったテーマでディスカッションしたいと思います。

f:id:ToshihiroTakagi:20210311073250j:plain

■「やくならマグカップも-やくもの放課後-」ティザーPV
 

 

 

「Croquet〜5G・ARライブ・コラボレーションの新世界〜」開催

2021/2/21(日)「Global Digicon Salon 008〜Croquet〜5G・ARライブ・コラボレーションの新世界〜」を開催しました。Croquet(クロケー)は、 米国Croquet Corporationが開発したライブ・コラボレーションを実現する革新的な次世代プラットフォームです。参加者は、日本初となる Croquetならではの「同時参加」を実際に体験しながら、Croquet Corporation共同設立者、大島芳樹さんの基調講演を視聴しました。
■Global Digicon Salon_008_Croquet〜5G・ARライブ・コラボレーションの新世界
たとえば、テレワークやオンライン教育でよく使われているZoomの場合、オンライン・コミュニケーションはできますが、オンライン・コラボレーションまではできません。ところが、Croquetであれば、たとえば会議室や教室に集まって、みんなでホワイトボードにアイデアを書き込んでいく。みんなで共同で絵を描いたり、ラフコンテやプレゼン資料を作成していく。みんなで、PDFやスプレッドシート、HP、動画、3Dなど様々な資料を持ち寄って、それについて議論をしていく、みんなでその場で動作を確認しながらプログラミングをしていくといったような共同作業が可能になるのです。さらに、CroquetのSDKを用いてアプリ/ゲーム/シミュレーション開発をすれば、AI・ロボット・IoTとの組み合わせによって、バーチャル旅行やバーチャル留学、バーチャル協業、遠隔診療、遠隔介護など、様々な5G・ARライブ・コラボレーションの新世界が無限に広がっていきます。パネルディスカッションでは、元『日経MAC』編集長の林伸夫さんが、ITの歴史を振り返りながら「感動です」と語り、iPadオンリーで歯科向けトータルサービスソリューションを提供しているPlanetの林大介さんが、歯科実技教育や健康教育、遠隔診断、遠隔手術の可能性、テクノロジーライターの大谷和利さんがアップルのエコシステムとCroquetの連携、そして、インフォシティの岩浪剛太さんが、5Gのエッジ・コンピューティングとCroquetの相性の良さ、超スーパーコンピュータであるiPhoneのようなクライアントそのものに分散的に計算処理をさせて「同期」を実現するCroquet独自特許の「Global Edge Reflector Network」の革新性などをとりあげ、みんなで議論をしました。なお、Croquetについてさらに議論を深めるため、「Croquet研究会_5G/AR Live Collaboration」( https://www.facebook.com/groups/443111780228042  )という公開Facebookグループを作成しました。ご関心のある方はそちらにご参加ください。実際にCroquetのコラボレーション体験をするためのマニュアルや、SDK開発キットなどの情報もそちらで公開しています。

f:id:ToshihiroTakagi:20210308134935p:plain

2/21(日)「Croquet〜5G・ARライブ・コラボレーションの新世界」開催

日本時間で2021年2月21日(日)10:00〜12:00、米国西海岸時間で2021年2月20日(土)17:00〜19:00、第8回めとなる 「グローバル・デジコンサロン 008」を開催します。
お申し込みは、こちらから(参加費無料です)↓

global-digicon-salon-008.peatix.com


テーマは、「Croquet〜A new world of 5G / AR live collaboration(Croquet〜5G・ARライブ・コラボレーションの新世界)」です。Croquet(クロケー)は、 米国Croquet Corporationが開発したライブ・コラボレーションを実現する革新的な次世代プラットフォームです。コロナ禍の中、テレワークやオンライン教育が急速に広まっていますが、現状のテレワーク、オンライン教育では、「その場に集まって、共同作業をする」ことまではできません。しかし、Croquetであれば、それが可能になります。たとえば、会議室や教室に集まって、みんなでホワイトボードにアイデアを書き込んでいく。みんなで共同で絵を描いたり、絵コンテやストーリーを作成していく。みんなで様々な資料を持ち寄って、それについて議論をしていくといったことが可能になるのです。さらに、CroquetのSDKを用いてアプリ/ゲーム/シミュレーション開発をすれば、AI・ロボット・IoTとの組み合わせによって、バーチャル旅行やバーチャル留学、バーチャル協業、遠隔診療、遠隔介護など、様々な5G・ARライブ・コラボレーションの新世界が無限に広がっていきます。
基調講演では、参加者全員でCroquetのライブ・コラボレーションを実際に体験しながら、Croquet Corporation 共同設立者の大島芳樹さんに、その概要を解説していただきます。そして、パネルディスカッションでは、インフォシティの岩浪剛太さん、プラネットの林大介さん、元『日経MAC』編集長の林伸夫さん、テクノロジーライターの大谷和利さんとともに、Croquetによってどのような5G・ARライブ・コラボレーションの新世界が実現するのか、その可能性や課題について様々な観点から議論をしていきます。

f:id:ToshihiroTakagi:20210208232031j:plain